社会学部で学ぶこと


社会の変化に私たちはどうかかわることができるのか
「発見・分析・提言」できる人間へ

社会はつねに変化しています。

社会はどのように変化しているのか?
そこにはどのような力が働いているのか?
私たちはその変化にどのようにかかわることができるのか?
そのような問いから社会学が生まれました。

近年の社会変化のひとつに、グローバル化が挙げられます。私たちは、ますます地球全体をおおう複雑な関係のなかで生活するようになってきました。そして、世界中の人びとがグローバル化にどう対応すれば良いのかを考えはじめています。

社会学部では、グローバルな視点から日本と海外の社会と文化を理解し、地球社会で活躍できる人材の育成をめざしています。みなさんが、社会学部での学びをとおして、21世紀の地球社会を生きる市民としての素養を身につけ、世界に飛び出していくことを願ってやみません。

1. 発見力

社会に広く関心をもち、現代社会に潜む問題を発見し、それらを自分にひきつけてとらえる能力

2. 分析力

現実を明らかにするために社会調査によってデータを収集し、分析する能力

3. 提言力

調査結果にもとづき、政策科学的な思考により実践的な解決法を導き出す能力

Q 社会学部では四年間でどんなことを学べるの?

A.1 社会学部が開設する多彩な専門科目を学ぶことができます。

  • 社会学部の教育目的は、「あたりまえ」にとらわれない柔らかな感性で社会に学び、「発見・分析・提言」することができる、他者への想像力を豊かに持った人間を育てることです。
  • 社会に生起する問題を見出し(発見)、調査・データ収集を行ってその意味を考察・説明し(分析)、研究成果に基づく実践的な提言を行う(提言)という三つの能力を身につけることができるよう、多彩な講義科目と演習科目を用意しています。

1年次 発見

  • 社会に生起している問題を見出し、現場の視点を大切にして整理・把握できる力を身につけるため、三学科共通の必修科目として、基礎演習、社会学原論、社会調査法を学びます。

2・3年次 分析

  • 社会調査関連科目、および演習科目(ゼミ)では、実証的な調査・データ収集をおこない、得られたデータが社会・文化・メディアの各面にどのような意味を持つか考察し、説明できる力を養います。
  • 多彩な専門講義科目を履修することで、個別分野ごとの分析方法を学びます。
  • 学部英語科目(Introduction to Sociology, Lecture & Discussion on Sociology, Writing Academic English, Study of Contemporary Society)などを履修すると、英語で社会学的な思考方法が学べます。

4年次 提言

  • 四年間の学修成果をまとめ、実践的な提言に導くため、「卒業論文」と「卒業研究」との二つのコースが置かれています。
  • 「卒業論文」では、学生自身が発見した問題を自分で分析し、提言することを目指し、「卒業研究」では、社会学的な理論と方法を活用して与えられた課題を研究します。

A.2 社会学部が開設する科目に加え、全学部の学生を対象とする「全学共通科目」を履修することで、「発見・分析・提言」の過程で必要となる基礎的教養、外国語の力を身につけることができます。

  • 「全学共通科目」は、「総合系科目」と「言語系科目」に大別されます。「総合系科目」では、人類が過去から現在に至るまで 築き上げてきたさまざまな「知」を幅広く学習し、社会学部で学ぶ「知」と関連させながら、広い視野と深い教養を身につけることができます。
  • 「言語系科目」では、立教大学独自の、英語でディスカッションやプレゼンテーションを少人数で行う科目が必修となっており、英語のコミュニケーション能力を高めることができます。
  • 英語に加え、ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語、朝鮮語の中から一言語を必修科目として履修し、異文化への対応能力を身につけることができます。また、関心に応じて、上記以外の言語科目や、より高度な言語能力を養う科目を履修することも可能です。

A.3 社会調査士、教職などの資格を取得することができます。

  • 指定の科目を履修することで、「社会調査士」の資格を取得できます。
  • また、社会学部在学中に学校・社会教育講座の科目等を履修することにより、次の資格を取得することができます。
    • 教職 [中学校 (一種) 社会 / 高等学校(一種) 公民]
    • 図書館司書
    • 学芸員
    • 社会教育主事
トップに
戻る