社会学部紀要

『応用社会学研究』は、立教大学社会学部が年1回発行する研究紀要です。

第44号(2002年3月発行)以降のものは、以下の「論文情報ナビゲーター」ホームページにて、論文本文のpdf(アクロバット形式ファイル)も公開されています。

以下のページにて巻号の数字をクリックし、nelsをクリックの上、本文のところにあるpdfをご覧ください。

論文情報ナビゲーター by 国立情報学研究所へ

Adobe Readerのダウンロードはこちらから

前のページ  59~50  49~40  39~30  29~20  19~10  9~1   次のページ
応用社会学研究 29 1988年3月
平井隆太郎先生定年退職記念号
献辞 牛窪 浩  
職業と自己実現 牛窪 浩 1
情報社会の適応能力―意思決定能力と記号解読能力― 土方文一郎 9
都市祝祭の構成原理序説 松平 誠 37
『循環日報』―最初に成功した中国人による華字日刊紙― 卓 南生 63
社会的相互作用と社会的自己―ゴフマンの視点から― 宮内 正 83
非計量的非対称多次元尺度構成法のプログラム(NAMS Version 1. 2f)の使用法 岡太彬訓 103
今泉 忠
雇用従業者の生活意識―A社の事例研究から― 本間康平 175
CATV産業の現状と課題 早川善治郎 193
島崎哲彦
都市における地域社会的秩序の一位相―東京・東池袋の事例分析を手がかりに― 広田康生 229
1987年度修士論文・卒業論文題目一覧 245
応用社会学研究 28 1987年3月
職能別組織から事業部制へ―NTTのケースから― 影山裕子 1
多次元尺度構成法のプログラムの使用法 岡太彬訓 7
今泉 忠
都市の社会集団(7)―元南品川猟師町の生活構成(その2)― 松平 誠 319
交換理論と資源分配論 鈴木孝光 375
Phenomenology of Subjectivity ―A Psychological Inquiry― Taijiro Hayasaka 391
Toward a ‘Scientific Foundation’ of Sociology : Lessons from the Epistemologies of Cassirer and Lewin Katsumi Yasumura 397
1986年度修士論文・卒業論文題目一覧 419
応用社会学研究 37 1986年3月
非計量的ユークリッド/非ユークリッド距離による重みつき多次元尺度構成法のプログラム(N-NEWMDS Version 1.1)の使用法 岡太 彬訓 1
今泉 忠
東京都心の地域的特質 和田清美 83
観光における「知識」と「イメージ」に関する研究 前田 勇 97
都市の社会集団(6)―元南品川猟師町の生成構成― 松平 誠 131
ME技術の導入と企業組織のダイナミックス 安村克己 147
「地域」関与の一位相と都市社会研究への示唆 広田康生 155
Individual Differences in Work Value Preferences Akinori Okada 177
Kihachi Fujimoto
Tadashi Imaizumi
Kenji Matsui
1985年度修士論文・卒業論文題目一覧 189
応用社会学研究 26 1985年3月
集団の現象学―グループ・アプローチの方法論的寄与― 早坂泰次郎 1
コミュニケーション史の基本構想(1)―その素描として― 平川幸雄 29
都市社会学と住民組織―再編期の「制度」に関する一考察― 広田康生 45
組織成長の不連続性―カタストロフィー理論の応用― 安村克己 65
都市の社会集団(5)―秩父の祭と生活集団― 松平 誠 75
「QCサークル」に関する予備的考察 メアリー・ル・U・オンラタコ 113
戦前期住宅地開発の展開とその特質―日暮里渡辺町,駒込大和郷の事例を中心として(その1)― 和田清美 141
Measuring Sociolinguistic Variables
―Influence of Sex Variable on Complaint Discourse―
Juri Abe 161
Company Productivity As a Resultant of Organizational Goals,Functional Management Practices, Management Values, and Cultural Factors Abel Ekpo-Ufot 179
1984年度修士論文・卒業論文題目一覧 199
応用社会学研究 25 1984年3月
活字文化の社会的成立 平川幸雄 1
新都市社会学(New Urban Sociology)の研究動向と課題 広田康生 13
社会的相互作用と言語行為―目的論的アプローチと記号論的アプローチ― 宮内 正 27
社会学的知識の累積的展開 安村克己 41
マスコミ関連投書の分析(その6) 早川善治郎 53
早川研究室
池袋「やみ市」の実態―第2次世界大戦後の戦災復興マーケット― 星野 朗 83
松平 誠
Organizational and Motivational Correlates of Quality Control Circle Involvement :A Case Study in a Japanese Bank Mary Lou Uy Onglatco 155
Tamao Matsui
The Japanese and Their Travels Jun-ichi Mizuno 179
What’s Wrong with the Practice of Japanese Management? ―Worker’s Perception of Industrial Relations System― Taiji Ohashi 205
1983年度修士論文・卒業論文題目一覧 227
応用社会学研究 24 1983年3月
18世紀イギリスの活字文化 平川幸雄 1
日産英国進出戦略の環境適合過程(1) 守屋研二 9
現代社会学における日常的思考から科学的思考への転換 安村克己 31
個人目標,パフォーマンスに及ぼす与えられた目標の明確さの効果 角山 剛 53
松井賚夫
離脱傾向再考 古谷野 亘 61
都市の社会集団―府中祭礼集団にみる町内の実証的研究― 松平 誠 67
1982年度修士論文・卒業論文題目一覧 119
応用社会学研究 23 1982年3月
「六合叢談」(1857-58)―上海最初の華字月刊紙についての考察― 卓 南生 1
言語の社会的意味 伊藤 隆 9
sample 調査報告
甲府市民の生活意識の実態とその変貌 本間康平 21
マスコミ関連投書の分析(その4) 早川善治郎 47
奥野昌宏
八田正信
マスコミ関連投書の分析(その5) 早川善治郎 121
都市の社会集団―“まつり”を準拠点とする実証研究(その3)― 松平 誠 139
老人の社会的活動と主観的幸福感に関する主な実証研究:1961~1980 古谷野 亘 185
1981年度卒業論文題目一覧 211
応用社会学研究 22 1981年3月
労働職業価値観の測定法について―(4)MDPREFによる研究― 藤本喜八 1
岡太彬訓
教職の制度化 本間康平 43
社会の急変動期におけるホワイトカラーの職業的生きがい感の変質過程―明治期政治エリート・尾崎三良の場合(二)― 守屋研二 91
組織における社会システムと技術システム 近藤隆雄 113
KDD不正事件報道の内容分析―全国紙三紙の取材方法を中心にして― 八田正信 133
ニュースとは何か―「在京キー局におけるローカルワイドニュースの現状」を聞いて― 山本清貴 153
老年期の社会関係とモラール 古谷野 亘 167
マスコミ関連投書の分析(その3) 早川善治郎 187
早川研究室
調査報告《地域社会と企業》Ⅰ 本間康平 219
「キッコーマン」従業員の生活意識の構造―「雇用従業員の生活意識」第4事例研究―
調査報告《地域社会と企業》Ⅱ 本間康平 239
野田市民の生活意識の構造
調査報告《地域社会と企業》Ⅲ 井刈田鶴子 253
「野田週報」の内容分析―ローカル紙の発刊から廃刊まで―
観光開発と地域社会―韓国慶州を中心に― 金 鎮卓 263
昭和55年度卒業論文題目一覧 271
応用社会学研究 21 1980年3月
教職の職業としての自立性 本間康平 1
旅行業約款と宿泊約款 谷沢 一 33
社会の急変動期におけるホワイトカラーの職業的生きがい感の変質過程―明治期政治エリート・尾崎三良の場合(一)― 守屋研二 49
役割概念の系譜と問題点 古谷野 亘 63
マスコミ関連投書の分析(その2) 早川善治郎 85
奥野昌宏
八田正信
老年期の社会的活動と適応―“働く高齢者”の事例から― 古谷野 亘 131
昭和54年度卒業論文題目一覧 139
応用社会学研究 20 1979年3月
藤本喜八先生定年退職記念号
献辞 松井 賚夫
身体的リアリティとしてのグループ―視線の社会心理学序説― 早坂泰次郎 1
学校進路指導の実態と課題 仙崎 武 15
地方プロレタリア・ジャーナリズムの史的展開 門奈直樹 33
工場労働者における「単調」と働きがい観 牛窪 浩 47
若年労働者の職業適応に関する課題 大根田充男 65
女子高校生の進学動機と希望するキャリア類型 佃 直毅 83
進路成熟に関する多次元分析 竹内登規夫 93
マスメディア関連投書の分析(その1) 早川善治郎 117
都市の社会集団―“まつり”を準拠点とする実証研究(その2)― 松平 誠 177
地方教育会の職業集団性 本間康平 243
最終講義 藤本喜八 271
前のページ  49~40  39~30  29~20  19~10  9~1   次のページ
トップに
戻る