社会学部紀要

『応用社会学研究』は、立教大学社会学部が年1回発行する研究紀要です。

第44号(2002年3月発行)以降のものは、以下の「論文情報ナビゲーター」ホームページにて、論文本文のpdf(アクロバット形式ファイル)も公開されています。

以下のページにて巻号の数字をクリックし、nelsをクリックの上、本文のところにあるpdfをご覧ください。

論文情報ナビゲーター by 国立情報学研究所へ

Adobe Readerのダウンロードはこちらから

前のページ  59~50  49~40  39~30  29~20  19~10  9~1   次のページ
応用社会学研究 49 2007年3月
メディア社会学科開設記念号・宮島喬先生退職記念号
メディア社会学科開設に寄せて 木下 康仁
論文
情報過程とリアリティ―メディア文化の構造― 成田 康昭 1
自衛隊イラク派遣にみる小泉政権のメディア統制 木下 和寛 15
プランが「見える」こと―配管工事現場における携帯電話利用を事例に― 是永 論 29
オーディエンス・エンゲージメント―グローバル社会におけるメディアのエスノグラフィー― 高橋 利枝 53
短波国際放送「ラジオ・フリー・ヨーロッパ」の方針転換に関する考察―宣伝放送から国際放送への性格変容― 清水 真 73
ワイドショー番組の内容分析―「情報ツウ」「とくダネ」「スーパーモーニング」の比較から― 酒井 信一郎
池上 賢
85
宮島喬先生の定年退職にあたって 木下 康仁
論文
社会という不条理 / 社会という無根拠 奥村 隆 103
グローバル化のなかの「和風」―変容する消費嗜好の実証分析― 間々田 孝夫
寺島 拓幸
117
国際通信社のスクープと誤報 古賀 純一郎 137
共生をめぐる意識と「生活の質」志向 三重野 卓 147
「近代家族」の概念実践―日本語版「名前のない問題」のアポリア― 上谷 香陽 163
広告における音楽と文字の関わり 平木 いくみ
橋田 洋一郎
175
中国における私営企業の企業統治―組織構造と経営者を中心に― 郭 新平 185
百貨店における消費者の購買意思決定プロセス 中山 厚穂
鶴見 裕之
195
文化と個人の自由の両立―少数派民族の文化保護をめぐる困難の中で― 岸下 卓史 207
意思決定理論の現実性と進化的合理性について 松井 博史 221
文化生産者による文化消費者の選別過程―東京渋谷・青山・原宿の「独立系ストリート・カルチャー」を事例として― 三田 知実 227
外国人の使い方―19世紀末フランスにおける国籍法法案の議論と世論の分析― 宮崎 友子 241
東京郊外における消費主義 寺島 拓幸 253
1980年代の中国消費文化について―『人民日報』と『朝日新聞』を中心に― 呉 金海 267
近代わが国の同化主義と沖縄の民族思想―「沖縄学」に関する社会史的考察― 上間 創一郎 285
社会学のアイデンティティ―ブルデューとギデンズの理論的交錯点を通して― 宮島 喬 297
宮島喬先生略年譜 307
宮島喬先生研究業績目録 308
2006年度修士論文・卒業論文題目一覧 315
応用社会学研究 48 2006年3月
特別寄稿
Present Status of Sociology in the United States Maureen T.Hallinan 1
論文
Leisurely Life in a 'Wide Brown Land' : Japanese Views upon Australia Tetsuo Mizukami 19
購買意思決定において参照される商品属性に関する探索的分析 都築 誉史・松井 博史・木村 泰之 37
職場における新しい労働統制―電子監視とパノプティコン・メタファー― 李 旼珍 53
フォロワーの創造性を促進するリーダーシップ 石川 淳 75
歴史の社会学的解釈―前編― 平川 幸雄 91
テレビゲームと暴力行動・社会的不適応をめぐる問題 山下 利之 115
公共性と共同性のあいだ―公共性の社会学の可能性― 土場 学 127
広告音楽研究の経緯と展望 阿部 いくみ 139
化粧における「身体」―<素肌>の社会的構成 上谷 香陽 153
市場経済化と中国労使関係の展開 : 工会(労働組合)組織を中心に 史 新田 163
戦後初期における台湾放送基盤の開発とアメリカの海外援助 林 鴻亦 177
グローバル化する消費スタイルの現状と問題構成―「2005年度 国際化する消費生活調査」を通して― 寺島 拓幸・水原 俊博 191
フレーミングによる漸進的/急進的な意思決定に関する実験的検討 松井 博史・都築 誉史 205
2005年度修士論文・卒業論文題目一覧 213
応用社会学研究 47 2005年3月
論文
ニューカマー外国人の教育機会と高校進学:東海地方A中学校の「外国人指導」の観察にもとづいて 宮島 喬・加藤恵美 1
韓国における高齢者雇用と引退メカニズムの一考察 崔 勝淏 13
見出された「昭和30年代」―メディア表象の論理と過程から― 浅岡隆裕 31
ホテルイメージとライフスタイルに関する研究 河野康成・平野紗代・山下利之 51
ゾルゲ=尾崎事件:歴史社会学的アプローチ 平川幸雄 59
医学教育のための応用エスノメソドロジー研究 岡田光弘 113
「都市出生エリート」の誕生―近代日本の中等教育システムとその効果― 中村牧子 129
サラリーマンの生きがい対象の構造、年齢差および性差の検討 西村純一 143
技術イノベーション理論の再考察 細野央郎 149
人種的排除構造に関する社会学的考察―リコンストラクション期から1960年代までのアメリカ合衆国を背景に― 本田量久 159
テレビ広告の表現効果に関する研究 山下利之・河野康成 175
中欧諸国におけるパーセント法の起源と過程―ハンガリーとポーランドの場合― パトリツィア・ミシェフスカ 185
個人差多次元尺度構成法を用いた百貨店における店舗内買回り行動の分析 鶴見裕之・中山厚穂 195
普及過程におけるイノヴェーターの役割―閾値モデルによる検討― 寺島拓幸 205
2004年度修士論文・卒業論文題目一覧 213
応用社会学研究 46 2004年3月
特別寄稿
The Australia Japan Relationship in Uncertain Times
Memorial Lecture by The Hon RJL HawkeAC
On the Occasion of His Receiving An Honorary Degree of Doctor of Humanities from The Rikkyo University, Tokyo, 27th November 2003
Bob Hawke 1
論文
シティズンシップにおけるジェンダーと平等―フランス政治とパリテ(男女同数制)をめぐって― 宮島 喬 7
株主重視型コーポレート・ガバナンスと企業民主主義との葛藤―韓国企業の事例から― 李 旼珍 17
没頭を喪失した社会―「社会学」の位置をめぐって― 奥村 隆 33
郊外の都市社会学に向けて 高木恒一 57
女子高校生の職業アスピレーションの構造―専門職と女性職― 元治恵子 67
昭和30年代へのまなざし―ある展示会の表象と受容の社会学的考察― 浅岡隆裕 77
決定木とQM法による職業意思決定過程分析 河野康成・山下利之 95
年齢間の差異と時系列変化―継続調査の結果から― 朝倉眞粧美 103
初期ボードリヤールにおける資本主義仮説の検討 水原俊博 117
Simmel流行論のゲーム 寺島拓幸 137
2003年度修士論文・卒業論文題目一覧 149
応用社会学研究 45 2003年3月
現代文化学科開設記念号
現代文化学科開設に寄せて 白石典義
立教大学社会学部現代文化学科開設記念公開シンポジウム
「現代文化の葛藤と人間の未来―エスニシティ、都市、環境の視点から―」
<講演1>国際文化から見た文化の未来―グローバリゼーションのなかで文化の多様性をどう守るか― 平野健一郎 1
<講演2>都市とエスニシティ―姿を現す新しい文化のかたち― 町村敬志 9
<講演3>環境とマイノリティ―先住民族の知恵に学ぶ― 阿部珠理 17
現代文化への視座―シンポジウム「現代文化の葛藤と人間の未来」に寄せて― 高木恒一 25
論文
インターネットにおける信頼の構造―サイト閲覧者による情報信頼性確認の戦略― 成田康昭 31
モデルとは何か? 三浦雅弘 45
「所得倍増」をめぐる雑誌メディア言説についての実証研究 ―池田勇人内閣「所得倍増計画」をめぐるロジックの時系列的分析を通じて― 浅岡隆裕 55
移民女性における主体性の構築―川崎市在住フィリピン人妻の社会参加― 邱琡雯 81
保守的環境主義について―米国の事例を中心に― 大川重郎 97
社会開発における「統合」のディレンマ―イエメンのマイノリティ女性への援助を事例として― 兼川千春 111
マス・メディアとスポーツ報道をめぐる問題―朝日新聞における2002年W杯報道を事例に― 松本悦子 123
バブル概念の分析―1980年代の日本の事例についての社会学的分析に向けて― 水原 俊博 135
2002年度修士論文・卒業論文題目一覧 153
応用社会学研究 44 2002年3月
論文
「新しい市民権」と地域市民権―フランスの移民新時代の国民化と市民化― 宮島 喬 1
Japanese Values Re-examined : Exploring Traditional and Modern Values in Contemporary Japan Mamoru Yamada 15
葛藤する文脈と相互行為分析の可能性―「広告」における理解の実践をめぐって― 是永 論 23
ネットワーク組織と官僚制理論 村上綱実 47
情報共有とコンピュータ・コミュニケーション 木村泰之 59
自己と自由―責任・制度・正義― 天田城介 69
公共空間概念のメディア論的分析―理想とその実現のパラドクス― 田辺 龍 115
消費社会化と身体感の変容―『Tarzan』の分析から― 藤岡真之 127
It is often on Principle ! : The husband , the wife and the rubbish bin Lionel Panafit 137
2001年度修士・卒業論文題目一覧 149
応用社会学研究 43 2001年3月
論文
A Qualitative Analysis of Communication Styles in Task-oriented GroupDiscussion―Comparison among American, Chinese, and Japanese Workers Teruyuki Kume 1
有力者とのネットワークの地域比較―関係的資源保有の規定因に関する3地域調査の計量分析― 村瀬洋一 17
自己と暴力―身体、ジェンダー、セクシュアリティ、親密性/公共性― 天田城介 29
日韓自動車産業の熟練形成システムに関する比較研究 李 鎬昌 59
付加価値創造時代における日本企業の戦略的人的資源管理―知の共有と自立した「個」の両立の課題 徐 向東 71
J. ハーバーマスの「内的植民地化」論に関する批判的考察―「介護」の法制化とケアの相互作用における公共性― 新田雅子 81
Quine-McClusky アルゴリズムを用いた目的別対象集団の探索手法 河野康成 95
対話的民主制の条件と可能性―差異と統合の両立を巡って― 本田量久 103
2000年度修士・卒業論文題目一覧 115
応用社会学研究 42 2000年3月
佐藤悦子先生退職記念号
献辞
論文
在日フィリピン人女性の結婚・家庭問題―カウンセリングの事例から― 宮島 喬 1
長谷川祥子
大学生におけるメディア・コミュニケーションの心理的特性に関する分析―対面,携帯電話,携帯メール,電子メール条件の比較― 都築誉史 15
木村泰之
仕事コミットメントモデルと職場構造―「仕事」の社会学的実証研究― 山田真一 25
職業評定の構造―正準相関分析を用いて― 元治恵子 35
国際シンポジウム(社会学部設立40周年記念)
プログラム   47
グローバル化のもとでのヨーロッパとアジア 宮島喬 53
ヨーロッパにおけるムスリムの新旧の存在形態―多文化主義とその行方― フェリーチェ・ダセット 59
グローバル化と<アジア主義> シルヴェーヌ・トリン 73
Structure of Personal Networks in Advanced Info-Communications Enterprises ―Network Boundaries and Identity― 安田 雪 83
最終講義
臨床のことば 佐藤悦子 111
佐藤悦子先生略年譜・主要業績一覧 119
1999年度修士・卒業論文題目一覧 127
応用社会学研究 41 1999年3月
林伸郎先生・池田央先生退職記念号
献辞
論文
フランス移民研究における“エスニシティ”―90年代の統合の課題との関連で― 宮島 喬 1
平準化へのラディカリズム―映画「ニッポン無責任時代」と新中間層の文化 成田康昭 13
日常生活における対人魅力の規定因 豊田秀樹 29
豊田研究室
音読データにの音素レベルにおける分析―認知心理学における音読潜時測定の諸問題― 都築誉史 51
「仕事」の社会学的概念再考―実証研究の為の研究枠組み― 山田真一 59
無年金高齢者 李 仁之 71
近代的自己を超えて―「儀礼」と「物語」の脱/再構築― 天田城介 105
日本企業における人的資源管理の課題―コア・コンピタンス的視点からの考察― 唐  燕霞 135
国際労働力移動論の研究系譜と批判的再検討―滞日中国人の流入・就労分析の視点から― 坪谷美欧子 147
林 伸郎先生略年譜・主要業績一覧 161
池田 央先生略年譜・主要業績一覧 165
1998年度修士論文・卒業論文題目一覧 181
応用社会学研究 40 1998年3月
早川善治郎先生・松井好先生退職記念号
献辞
論文
外国で出会った研究者たち―留学時代に得たもの(立教大学退職記念講演)― 池田 央 1
インターネット標準化のコミュニティ 古瀬幸広 23
認知心理学における記憶表象と言語処理に関するネットワーク・モデル ―意味ネットワーク,文のネットワーク表象,並列分散処理― 都築誉史 27
大学生の同調性とリーダーシップに関する因果モデル構成の試み 豊田秀樹 45
豊田研究室
産業関係論の系譜―宴の後の労務管理― 安田 雪 69
今日の産業社会研究への視座―ポスト産業社会論宣言― 山田真一 79
サービス評価・分析に関する実証研究―タクシー運転手の接客サービス行為の分析― 前田 勇 89
県境地域における地域間連携とプロセス 千 相哲 99
中国国有企業改革と雇用調整メカニズム―生活保障システムとしての「単位」制度とその変容をめぐって― 徐 向東 119
相互作用秩序と儀礼論をめぐる一考察 天田城介 135
On the Long Memory Volatility Models : Evidence from Tokyo Stock Market Noriyoshi Shiraishi 151
早川善治郎先生略年譜・主要業績一覧 165
松井好先生略年譜・主要業績一覧 169
1997年度産業関係学科コロキウム発表要旨 173
1997年度修士・卒業論文題目一覧 179
前のページ  49~40  39~30  29~20  19~10  9~1   次のページ
トップに
戻る