【2016年度 修士論文構想報告会(7/9開催)】

2016年7月 4日

日 時:2016年7月9日(土)10時〜14時30分(終了予定)
場 所:11号館3階A301/A303教室
A301会場
時間 氏名 報告タイトル
10:00〜10:10   進行の説明
10:10〜10:35 小松 恵 在日コリアン1世のアイデンティティ
―川崎区桜本における聞き取りから―
10:35〜11:00 田 叢卉 (タイトル未定)
11:00〜11:25 胡 テイ 中国現代社会におけるジェンダー役割距離に関する研究
―「女漢子」を対象に―
11:25〜11:50 柳瀬 智晴 中年男性のネットワークに関する社会学的研究
―「居場所」という視点を通して―
11:50〜12:15 庄子 諒 東日本大震災後の福島における諧謔的な表現に関する
コミュニケーション社会学的研究
昼休み
13:15〜13:40 松下 雅明 原子力災害加害企業と労働者
―原発賠償に向き合う個人と企業文化の解体―
A303会場
時間 氏名 報告タイトル
10:00〜10:10   進行の説明
10:10〜10:35 ヨウ センセン 中国における中産階級のライフスタイル
10:35〜11:00 久保田 仁 都市農業の政策的展開に関する社会学的研究
11:00〜11:25 ハン シンヨウ 中国の社会保障制度における職業訓練の現状と改善に関する研究
―日本における職業訓練の実施との比較をもとに―
11:25〜11:50 イン ブンブン (タイトル未定)
11:50〜12:15 トウホルスキ ソフト・パワーとしてのクール・ジャパン
―日本のポピュラーカルチャーの
国際的な発展における政府と企業の役割―
昼休み
13:15〜13:40 島崎 顕北 「成員である」とはどのような記述か
――相互行為分析としてのCMC研究
13:40〜14:05 キュウ ジャク 日中間におけるラブライブファンの比較研究
14:05〜14:30 チョウ キン 中国ネット空間における炎上問題に関する研究
―SinaWeiboを例として―
注)報告順変更の場合あり
トップに
戻る