橋本ゼミ

担当者:橋本 晃 教授
行為=思想としてのジャーナリズム/メディア仕掛けの<世界>


ジャーナリズムとは近代初頭の西欧においてアカデミズム=近代科学とともに立ち現われてきた、もうひとつの知のありよう、行為=イズム=思想です。そのレゾンデートルは、19世紀から20世紀にかけてのマスメディアによる行為主体の独占、20世紀末からのデジタルメディア時代の知・情報空間の変容を経て、なおいや増しに増しつつあります。ソーシャルメディア全盛の時代にあって、いやであればこそ、マスメディアの行く末はいずれ、公共コミュニケーションの中核としてのジャーナリズム諸活動の重要性は減ずることなく,幻視すべきはオーディエンスをも巻き込んだ近未来の地殻変動というべきでしょう。

本ゼミでは、娯楽中心のプライベートなコミュニケーションではなく、パブリックな公共コミュニケーションの中核に位置するジャーナリズム、メディアと社会のありようについて、包括的、根源的に分析、思考する場たらんことを目指します。

他方で、われわれはすでにメディア抜きの外界認識などありえないような、メディア仕掛けの<世界>を生きています。そこではデジタルメディアの登場により一部可能になってきたオーディエンスの能動性すらヴァーチャル空間の彼方に不可視化されつつあるかのようです。

これまでに扱ったトピックは、デジタル情報時代における公共コミュニケーションの変容、メディアとしての映画(誕生から半世紀、映画はまぎれもないマスメディアでした!)などです。

対象を観察し、膨大なデータを収集、それらを分類し、一定の法則を導き出す、という近代科学の方法、学術論文の執筆の技法は徹底的に習得してもらいますが、合わせて<現実>を生きること、不可視の<世界>を幻視し記述していくことにも全力で取り組んでいただきます。それこそが、もうひとつの知のありよう、行為=イズム=思想であるからです。

戻る

トップに
戻る