教員プロフィール

橋本 晃 教授 / 学科長

橋本 晃教授 / 学科長

専門分野

ジャーナリズム研究、ジャーナリズム史、米欧ジャーナリズム思想

現在の研究、テーマなど

19世紀米国ジャーナリズムにおける「プレスの独立」理念の生成過程、19~20世紀フランスジャーナリズムにおける主体の変容

これまでの研究生活

パリ特派員など新聞社記者、米国ジャーナリズム大学院での学修などを経て、今世紀初め、大学教員に。自らの体験も踏まえて、米国がその領土外で行う「限定戦争時のメディア統制とプロパガンダ」の問題を研究してきたが、2006年春に『国際紛争のメディア学』(青弓社)を上梓。以降は、ジャーナリズムに内在しうる権力性、エンタテインメント性などをその始原に遡って検証する、米国ジャーナリズム思想の歴史的研究にシフトした。博士課程は政治学研究科。政治(権力)、人々(公衆?大衆?オーディエンス)とのせめぎ合いの中で紡ぎ出されてきた、今なお紡ぎ出しつつあるジャーナリズム・イデオロギーの解剖学に従事している。

学部生・院生へのメッセージ

閉塞感高まるこの国の狭い文脈に押し流されることなく、世界の現実を、自身の頭と眼、足を使って生きてください。大学時代は政治、経済、歴史、哲学、文学、メディアなどの諸学をじっくりと学べるまたとない時期ですが、座学にとどまらず、自らの歩行の一歩一歩が<世界>への接近となるような充実した日々であることを望みます。皆さんがそれを実現するための助力は惜しみません。

連絡先

ahashimoto@rikkyo.ac.jp

戻る

トップに
戻る