教員プロフィール

井川 充雄 教授

井川 充雄 教授

専門分野

メディア社会学、マス・コミュニケーション論、メディア史、地域メディア論

現在の研究、テーマなど

戦後日本のマス・メディアの変容について、特にメディア・イベント、世論調査や科学コミュニケーションの視点から観察を行っている。

これまでの研究生活

日本のマス・メディアの営為を実証的に明らかにすることにより、その社会的・政治的・文化的変容を歴史社会学的に解明することを研究テーマとしてきた。これまでは、とくに占領期におけるGHQのメディア政策を中心として、戦後のメディア・システムの構築のあり方に関する研究を行ってきた。近年は、メディア・イベント、世論調査、プロパガンダ、科学コミュニケーションといった観点から、戦後日本における世論や社会意識の形においてマス・メディアが果たしてきた役割について考察を行っている。

学部生・院生へのメッセージ

我々が当たり前と思って普段見すごしていることに、目を向けてみましょう。例えば、人は歩くとき、いちいち「右足を出して、次は左足を出して・・・」などとは考えません。しかし、それに注目することから医学やロボット工学の研究が始まります。それと同様に、日常的に使っている新聞・テレビ・電話等々のメディアやコミュニケーションに、子どものような素朴な疑問の目を向けてみましょう。そこから、学問の第一歩が始まります。

連絡先

m-ikawa@rikkyo.ac.jp

戻る

トップに
戻る