教員プロフィール

是永 論 教授

是永 論 教授

専門分野

コミュニケーション論、情報行動論、メディア論、相互行為論、社会調査法、テクスト分析、
エスノメソロジー

現在の研究、テーマなど

メディア・コミュニケーションの相互行為論的分析(会話分析)、メディアの普及および利用に関する数量的・定性的研究

これまでの研究生活

専攻は情報行動論で、人々がメディアを使ってどのようなことを社会的に行なっているのか、ということについて実証的に考えるものです。当初はいわゆる量的な調査といって、普及率や普及要因の分析などをアンケート調査で行なっていました。そのうち、より実態的なものに近づきたいということで、次第にメディアの言説や、相互的な行為の成り立ちといったものにアプローチする方向に移りました。そのため、近年はエスノメソドロジーという質的な方法に基づいた研究について模索しています。

学部生・院生へのメッセージ

最近、海外で研究活動を行なう機会が多いこともあり、日本社会で学問をする(学ぶ)ことは、その良し悪しはともかく、他の社会と比べると、かなり特殊性の強いものであることを感じています。学習にあまり興味が持てなかったり、あるいは自信を持てなかったりしても、すぐにあきらめることなく、大学の内外にいろいろと視点をおいて、多様な可能性の中で学ぶ・研究するということを考えてほしいと思います。

連絡先

http://www.rikkyo.ne.jp/web/ronkore/

戻る

トップに
戻る