教員プロフィール

砂川 浩慶 教授

砂川 浩慶 教授

専門分野

メディア論、放送制度論、放送産業論、ジャーナリズム論

現在の研究、テーマなど

放送を中心とした制度・政策論、ジャーナリズム、コンテンツ流通

これまでの研究生活

放送局の業界団体で20年間、放送制度、著作権、地上デジタル放送などを担当し、2006年度から専任の教員となった。そのような実務経験を活かし、情報通信制度、知的財産制度、ジャーナリズム論、メディア論などを研究していきたい。

学部生・院生へのメッセージ

メディア企業を問わず、社会において必要とされる人材は「自分で考え行動できる人」。そのためには自らの仮説を持ち、調査・取材を通して、その仮説を検証し、再構築する探究心旺盛で柔軟な思考と幅広い知識が求められる。大学という器を十二分に活用し、自分の引き出しを沢山作ってください。

連絡先

sunakawa@rikkyo.ac.jp

戻る

トップに
戻る