現代文化学科での学び

現代文化を学ぶということ ― 多文化共生社会の理解

現代文化学科は、社会学を基盤として現代社会と文化の関係を学んでいくというコンセプトで、2002年に開設されました。

ひとつの都市のなかでたくさんのエスニック・コミュニティが存在し、それぞれ独自の文化様式をもっていること。マクドナルドに代表されるようなファストフードは世界中どこでも見られる一方でそれぞれの地域固有の食文化があること。速さや便利さを追い求める一方でLOHASという言葉に代表されるスローな生き方が共感を集めていること――これらの例に顕著にあらわれているように、現代の文化の大きな特徴は多様性にあるといえます。このような文化のありかたは、グローバリゼーションや情報化の進展、あるいは産業構造の変化といった社会の大きな変化と密接に関連しています。このような現実の社会に対峙して、多文化共生社会の実情の理解を目指します。

「現代文化学科」では、今日の多種多様な文化の特徴や異なる背景の集団間による相互作用を、現代社会の特質とのかかわりのなかで捉えていきます。おもに社会学ですが、関連する社会科学や人文科学の理論を学んで実践に役立てることが、「現代文化学科」の学びの目標となっています。

トップに
戻る