学生からのメッセージ

現代文化学科、
田中 みなみさんに聞く、15の質問

2015年度版学部案内より転載

Q.1 立教大学社会学部現代文化学科を選んだ理由を教えてください。

高校2年生まで進路に迷っていたのですが、最終的には自分の好きなことをやろうと思って、今まで積極的に読んできた本を振り返ってみたら、社会学に通じるものが多かったので選びました。その中でも一番興味があったのは宗教だったので、宗教社会学をやりたいなと思って、現代文化学科に決めました。オープンキャンパスで小池靖先生のお話を聞いて、私がやりたいことはこれだと思ったんです。

Q.2 現代文化学科の科目の中で一番面白かった授業は何ですか?

小池先生の「宗教社会学」です。主に現代の宗教全般のお話だったんですが、今まで自分の中で本を読んでいた宗教でも知らない部分であって、とても面白かったです。特に、エホバの証人などの新興宗教については、なかなか公にならない部分もあって、小池先生自身が調べた具体的に世間には出ない話を聞けたので興味深かったですね。

Q.3 所属しているゼミについて教えてください。

小池先生のゼミです。先生の専攻は宗教社会学なんですが、現代の社会の問題についてあらゆることを取り扱っていいと言われています。私は今3~4人のグループで「婚活について」調査していて、結婚相談所の方にお話を聞いたりしています。他の班は「共学出身者と女子校出身者の意識の違い」だったり、テーマはさまざまです。

Q.4 そのゼミを選んだ理由は何ですか?

一番の理由は小池先生のもとで宗教について勉強したら、いいアドバイスをもらえるのではないかということです。先生は色々なテーマを調べている学生に対して、いつも新しい視点を持ってきてくれます。

Q.5 卒業論文(研究)はどのようなテーマに取り組む予定ですか?

まだ迷っている部分もあるのですが、元々私の興味のあった宗教の分野、特に現代の日本人の宗教観について調べたいと思っています。まだ漠然としているので、これから一つの団体に絞ったり、テーマを固めていこうと思っています。

Q.6 社会学の魅力はどこにあると思いますか?学ぶ中で社会学についてわかってきたことを教えてください。

実際に社会学部に入ってから実感した部分が多いのですが、世の中の事象について、なぜそれが起こっているのかと常識を疑うような視点や、その時代の風潮に流されない視点を、常に意識の中に持つようになりました。特に他学部の人と一緒にいる時によく感じるのですが、一つのニュースをとっても見方が変わりました。世の中のすべてのものに理由があって存在しているんだと思います。

Q.7 全カリ科目の中で一番面白かった授業は何ですか?

印象が強かったのは1年生の時に受けた「マイノリティと宗教」という授業です。世の中で音楽を使って自分のあり方を叫ぶというのも一つの宗教である、という授業で、黒人の人たちの歌を宗教として捉えていました。今までは宗教とは団体で、組織というイメージがあったので、とても印象的でした。

Q.8 所属しているサークルについて教えてください。

「立教ローバース」という、チャペル団体とボーイスカウト団体に二重に登録しているサークルに所属しています。登山やカヌー、サイクリングをやる一方で、ボーイスカウトのお手伝いや奉仕活動もやります。2年生の夏に、北アルプスを7日間かけて歩き通したのですが、途中で風邪を引いて本当に辛かったのに、それを忘れるくらい、一度も見たことがない、人工物が全くないきれいな景色が見られたことが良い経験だったと思います。

Q.9 あなたにとって大学とはどんな場所ですか?

新しい発見がある場所だと思います。日々どんな授業を受けていても、必ず一つは知らなかったことを知ったり、この考え方はしたことがなかったな、という気づきがあります。サークルも含めて色々な学年の人と話ができるので、そこでも発見がありますね。社会学に出会って本当に何気ないことにも理由があるということを知ってからは、一日一つくらいは何か見つけようという気持ちで一生懸命通っているところもあります。

Q.10 大学生活を送る上で最も大事なことは何だと思いますか?

私が大事にしていることは、自分に厳しくすることです。時間があるので、やれることも選択肢も沢山ある中で、少しでも自分に甘くすると怠けることもできます。だから、小さな目標や最低限のやらなくてはいけないことを作って、絶対にやり遂げるようにしています。

Q.11 今までの学生生活で一番の思い出は何ですか?

つい先日100キロ走るマラソン大会があったんですが、ずっとサークルを一緒にやってきた同じ学年の子たち全員で走りきれたことが本当に嬉しかったです。その大会で引退だったのですが、最後の大会でゴールするために、毎日トレーニングをしていたこともいい思い出になっています。集大成としてみんなでゴールができたことが感動的でした。

Q.12 立教大学のキャンパスの好きなところを教えてください。

一番好きなのはチャペルです。朝の光がちょうど入ってくる時、とても綺麗に光るので大好きです。

Q.13 今まで最も影響を受けたものは何ですか?

すごく小さなことなんですが、父から聞いた祖母の生き方です。私が生まれる前に亡くなって会ったことはないのですが、父を通して影響を受けました。高校生の頃、私はかなりわがままで、大学も好きに選ばせてもらって調子に乗っていたんだと思うんですが、その時に「お前のおばあさんはすごい人だったんだぞ」と。「昼は幼稚園の先生として働いて、一方で夜は親戚の介護をして、そういう人生を繰り返していく中で、自分が病気になったけれど、お前のおばあさんは、人のために生きたんだぞ」と聞きました。中高がミッションの学校だったので、今まで色々な人から「人のために生きなさい」と言われていたんですが、実際に身近で人のために人生を捧げた人がいたことが大きな衝撃でした。果たして自分はそのように生きられるのかと考えてみると、実践できているとはとても言えないんですが、何も考えていなかったときとは違う生き方だなと思います。

Q.14 将来の夢は何ですか?

どんな仕事であれ、人のためになりたいと思っています。それは、祖母の話を聞いてからずっと思っていたことで、最近就活を始めてから具体的に考えてみて、今はその人の健康に役立つこと、生きることを手伝える仕事につきたいと思っています。

Q.15 最後に高校生へのメッセージをお願いします。

今を後悔するような生き方をしてほしくないですね。勉強もとても大変だと思うんですが、他のことも後悔しないようにしてほしいなと思います。部活をやったり、普通の生活の中で後悔しないように生きていってほしいなと思います。

トップに
戻る