阿部(治)ゼミ

担当者:阿部 治 教授
持続可能な社会の創造に向けた総合的な環境教育

環境問題から貧困、平和、人権など様々な問題により、私もあなたも、野生生物ももはや持続しない状況です。このような状況を打破し、持続可能な社会を創造していくことは人類にとって最重要な課題となってきました。この挑戦的な活動に共に取り組んでみませんか

ゼミナールの紹介

持続可能な社会をめざした総合的な環境教育の活動を対象にいく塚のテーマを設定して、文献研究と調査を行い、レポートを作成します。

フィールド調査に先だって、自然の中での環境教育を立教大学の姉妹組織である山梨県清里にあるキープ自然学校などでの参加型学習を通じて体験します。その上で、水俣市などの総合的な環境教育を実践している地域での宿泊を伴う調査を実施すると共に、池袋西口を対象とし、地元商店街などとの協働による西口エコ化プロジェクトを実施しています。 また2005年から始まった「国連持続可能な開発のための教育の10」に関連した取り組みに積極的に参加し、持続可能な社会の構築にかかわる多様な主体の活動についても学びます。

ゼミ生からの声

私達のゼミでは持続可能な社会を目指すことを目標に広く環境について学んでいます。教科書を使った学習の他に様々な活動を行うフィールドワークを私たちのゼミでは重視しています。これまでの主な活動としては学園祭で使用後、土に埋めると堆肥になるエコ容器を導入するように働きかけたり環境に携わった仕事をしている企業の方を招いて講演会を開催しました。その他に公害の原点といわれる水俣を訪ね、いろいろな方にお話を伺ったり実際に自分たちでも森に入り自然観察を行ったりします。このように私たちのゼミでは学生が主体となって様々な活動を行っているので充実したゼミ活動が行えます。

体験から学ぶフィールドワーク

自然とのふれあいによる環境教育の重要性を自然学校(山梨県のキープ協会、静岡県のホールアース自然学校など)で参加型体験通じて学んだり、公害の原点である水俣市での聞き取り調査を行うなど、現場での直接体験を重視したフィールドワークを行っています。

意識を変える「エコ学園祭」

学生の環境に対する意識を変えるために、学園祭で環境負荷軽減活動を行っています。
学園祭にエコ容器を導入することにより一般家庭の約15年分の二酸化炭素を削減できます。
また、実際の環境負荷を減らすだけではなく、学園祭実行委員に環境部を設けるという形で学生の環境に対する意識を変えました。

企業協働 環境就職セミナー

環境について取り組んでいる社会人の方をお呼びして年に2回セミナーを行っています。
企業やNPO 団体など様々な立場の方からお話を伺い、これから学生が社会人として社会に出て行くに当たって、必要とされる環境についての知識や姿勢を身につけることを目的としています。

実践「アイポイント」(地域通貨)

立教大学のツタを地域との架け橋、ヒートアイランドの軽減、潤いのある街づくりの一環として池袋の西口に植えています。これをきっかけに、池袋を持続可能な街にする活動「アイポイント」(地域通貨)に参加しています。
池袋駅西口で花壇の水やりをしています。私たちゼミ生は、週に一度のお昼休み、地域のアイポイントサポーターの方と伴に池袋の緑化と美化活動に取り組んでいます。

戻る

トップに
戻る