木村ゼミ

担当者:木村 自 准教授
文化人類学的フィールド調査を通して、境界に生きる人々、国境を越えて生きる人々の生活文化を探る

ゼミ生は各自が関心のあるテーマを決めて調査・研究します。

加えてゼミでは、民族誌や文化人類学の理論書を輪読し、議論することを通して文化人類学的視点から文化を分析するためのフレームワークを学び、フィールドワークの実践を通して他者の視点から生活文化を理解するセンスを身に付けます。

夏休み中には、合宿形式のフィールド調査を実施します。年度によって場所は変わりますが、宮古島、台湾等で行なう予定です。

戻る

トップに
戻る