教員プロフィール

高木 恒一 教授

専門は都市社会学で、特に大都市に焦点を当てています。文献、各種のデータ、資料、フィールドワークなど、使えるものは何でも使って、複雑で変化の激しい都市の現在を少しでも理解していきたいと思っています。

高木 恒一 教授

研究テーマ

大都市の空間構造の変化の動向を探るとともに、空間構造に影響を及ぼす都市政策について、住宅政策を中心に検討しています。

担当科目

「都市社会論」 「都市社会構造論」

主要業績

  • 『都市住宅政策と社会—空間構造』立教大学出版会、2012年。
  • 「都市政策の再構築と市民協働」『グローバル都市研究 』2号、2009年。
  • 「東京都心の空間構造変動」『グローバル都市研究』 1号、 2008年。
  • 『新編 東京圏の社会地図 1975-90』東京大学出版会(共著)、2004年。

戻る

トップに
戻る