社会学科での学び

「社会学」を学ぶということ

社会学科は、1958年に開設された50年以上の歴史をもつ学科です。そして2006年4月、大きくカリキュラムを改編し、まったく新しい学科としてスタートしました。

私たちがつくっている「社会」。その「社会」には、さまざまな「わからなさ」があふれています。たとえば、人と人との結びつき――コミュニケーション、ジェンダー関係、世代間関係、家族関係など――には現在どのような特徴が見られるのでしょうか。働き方にはどんな変化が生じているのでしょうか。グローバル化する世界のなかで日本はどのような位置を占め、どんな問題を抱えているのでしょうか。情報化は私たちの生活にどのような影響を及ぼしているのでしょうか。そしてより自由で平等な社会を実現するためにはどうすればよいのでしょうか。こうしたさまざまな「社会」のありさまは、とても複雑でつねに変動しています。「社会学」は、この社会の「複雑さ」と「わからなさ」を明らかにしようとする試みをつづけてきました。身近な人間関係からグローバル化する世界で起きていることまで、幅広い現実にいかに多角的・複眼的に接近し、深く考えていくか。学問としての調べ方や考え方をつくりあげてきたのです。

 高校生のみなさんは、おそらくまだこうした調べ方や考え方を手にしていません。また、まだ「社会」のごくせまい現実にしか触れてこなかったのではないでしょうか。「社会学」は、もっと広い現実に近づくための入り口を、そして自分の力で深く考えるための方法を、みなさんに与えてくれることでしょう。社会学科は、このような「社会学を学ぶこと」が可能にしてくれることを、最大限身につけられる教育をめざしています。

トップに
戻る