教員プロフィール

脇田 彩 助教

社会階層とジェンダーがどのように関連して不平等を生み出しているか明らかにすることを目的に、研究を行っています。不平等に限らず、社会が抱える諸問題に1つでも関心を持ち、それらについて理論・データに基づいた考えを持つことは、不確実性の高い時代において非常に重要であると考えています。

脇田 彩 助教

担当科目

社会調査法1、専門演習1、基礎演習、現代社会研究C

研究テーマ

社会階層とジェンダーによる不平等、社会調査法

著書や論文

  • 「職業威信スコアのジェンダー中立性――男女別職業評価調査に基づく一考察」『ソシオロジ』第57巻2号、2012年、3-18頁
  • 「現代日本女性にとっての階層再生産――2つの側面による測定の可能性」『社会学評論』第63巻4号、2013年、586-601頁
  • 「生活満足度と婚姻状況・就業状況との関連における男女差」東京大学社会科学研究所パネル調査プロジェクトディスカッションペーパーシリーズNo. 78、2014年

研究室及び連絡先

研究室:12号館B326
e-mail:wakita@rikkyo.ac.jp

戻る

トップに
戻る