教員プロフィール

村瀬 洋一 教授

平等と言われてきた日本社会も、格差社会論や中流崩壊が話題になるなど変化が起きています。真実は、科学的な調査法や分析法を使わなくては解明できません。大学での学問は正解を学ぶよりも、何が真実かを自分で考えることが大切です。社会現象の起こるメカニズムを一緒に考えましょう。

村瀬 洋一 教授

担当科目

社会調査法、計量社会学、演習科目

研究テーマ

計量政治社会学、社会階層と社会意識、とくに人間関係保有や政治的影響力の不平等、震災後の生活と意識、環境問題、統計的社会調査法

著書と論文

  • 「震災後の不安感と被害金額の規程因:被害と社会階層に関する仙台仙北調査の計量分析」『選挙研究』Vol.29. 2013年.
  • "Cultural Constraints on Rising Income Inequality: A U.S.-Japan Comparison." Journal of Economic Inequality. Vol.10. 共著. 2012年.
  • 「社会階層と政治関与 ―社会的地位の効果は否定できるか」『日本の社会階層とそのメカニズム』白桃書房.共著. 2011年.
  • 「流動化の中の不平等と社会階層研究」『高校生のための社会学』ハーベスト社.2009年.
  • 「階級・階層をめぐる社会学」『よくわかる社会学』ミネルヴァ書房.2006年.

研究室及び連絡先

12号館 B315
e-mail:murase@rikkyo.ac.jp
http://www2.rikkyo.ac.jp/web/murase/

戻る

トップに
戻る